F.T.Pile構法は、既製コンクリート杭(PHC杭,SC杭,PRC杭,各種既製杭)に対応した杭頭半剛接合構法(杭頭半固定工法)です。
文字サイズ大
文字サイズ中
文字サイズ小
文字サイズ
ホーム > お問合せ > Q&A
お問合せトップへ戻る

Q&A

F.T.Pile構法についての質問にお答えします。
質問一覧へ戻る
Q1.
施工時に必要な道具、施工機械はありますか?
A1.
概ね下記の道具が必要です。

・ 杭頭金具(ヨウカン)切断用ガス溶断器
・ 杭頭端板研磨用グラインダ
・ 杭頭端板清掃用金属ヘラ
・ (仮固定用)ボルト締付け用レンチ
・ 木槌、金槌
・ ワイヤーブラシ、ウエス等

杭頭金具溶断 FTPile
溶断部の研磨 FTPile
端板の清掃 FTPile
質問一覧へ戻る
Q2.
杭頭中空部の中詰めコンクリートは必要ですか?
A2.
特に必要ありません。杭頭中空部の養生の必要もありません。ただし、設計条件(仕様)により規定されている場合は別途確認する必要があります。
質問一覧へ戻る
Q3.
SC杭のように端板にボルト孔がない場合の対応は?
A3.
杭頭端板部に仮止めボルト用のボルト孔を開ける必要があります。ボルト孔は杭材料の製造時に設けるため、早めに仕様を決定し指示する必要があります。
質問一覧へ戻る
Q4.
施工に際し天候による制約はありますか?
A4.
特に制約はありませんが、水溜り等が発生した場合は、速やかに排出する必要があります。(安全な作業環境を確保できることが前提です。)
質問一覧へ戻る
Q5.
杭頭端板のボルト孔にソイルセメント等が流入しないための標準的な養生方法はありますか?
A5.
ボルト孔にバックアップ材(シーリング工事で用いる丸棒状の高発泡ポリエチレンフォーム等)を入れた上でガムテープを貼付ける等の方法があります。
ガムテープによるボルト孔の養生例 FTPile
バックアップ材の一例
(丸棒状の高発泡ポリエチレンフォーム)
FTPile
質問一覧へ戻る
Q6.
FTキャップを施工する前の杭頭金具の処理はどうするのですか?
A6.
杭頭に金具を溶接した場合は、FTキャップ施工前に金具を溶断し、溶断面をグラインダ等により平滑に仕上げます。また、端板についた土砂等はウエスで拭き取ります。加えて、FTキャップ設置時に杭頭端板のボルト孔を使用するので、セメントミルクや泥土が入らないよう養生(蓋)が必要です。
杭頭金具溶断 FTPile
溶断部の研磨 FTPile
端板の清掃 FTPile
ボルト孔の養生 FTPile
質問一覧へ戻る
Q7.
FTキャップを仮止めボルトで固定しますが、どの程度のトルクで締め付ければよいのですか?
A7.
木槌等でFTキャップ上部側面を軽く打撃し、動かない程度でかまいません。
FTPile
質問一覧へ戻る
Q8.
FTキャップを仮止めボルトで固定後、杭頭端板との密着度を金槌、木槌等で確認しますが、どの程度密着していれば良いのでしょうか?
A8.
木槌等でFTキャップ上面を軽く打撃した時、杭頭端板とFTキャップにガタつきがなければ問題ありません
FTPile
質問一覧へ戻る
Q9.
FTキャップには仮止めボルトを通すための穴が開いていますが、基礎フーチングの生コンが打設時にこの穴に流入することはないのですか?
A9.
生コン等が流入しないように、杭頭端板にFTキャップがしっかり密着するよう管理することとしています。

前のページへ [ 設計に関する質問 ]
次のページへ [ FTキャップに関する質問 ]


FTPile