F.T.Pile構法は、既製コンクリート杭(PHC杭,SC杭,PRC杭,各種既製杭)に対応した杭頭半剛接合構法(杭頭半固定工法)です。
文字サイズ大
文字サイズ中
文字サイズ小
文字サイズ
ホーム > お問合せ > Q&A
お問合せトップへ戻る

Q&A

F.T.Pile構法についての質問にお答えします。
質問一覧へ戻る
Q1.
F.T.Pile構法は従来工法と比較してどのようなメリットがありますか?
A1.
杭頭と基礎を半剛接合にすることで、杭基礎の耐震性能を向上させるとともに、基礎構造の合理化および施工性の向上が期待できます。(下図参照)
なお、本協会HPに「構法概要ビデオ」があり、構法について詳しく説明しております。

構法概要ビデオ
(1)耐震性の向上
FTPile
(2)基礎の合理化
FTPile
(3)施工性の向上
FTPile
質問一覧へ戻る
Q2.
F.T.Pile構法の種類、仕様にはどのようなものがありますか?
A2.
「標準タイプ」と引抜き力が作用した場合の「引抜き対応タイプ」があります。既製コンクリート杭については協会各社の全ての杭に適用可能で、適用杭径はφ300~1200mmです。また、FTキャップは鋼製です。
標準タイプ
標準タイプ - 既製コンクリート杭の杭頭端板部にFTキャップを設置した図
引抜き対応タイプ
引抜き対応タイプ - 既製コンクリート杭の杭頭端板部にFTキャップと引抜き抵抗用の鋼棒を設置した図
質問一覧へ戻る
Q3.
F.T.Pile構法はどんな既製コンクリート杭工法でも使用できますか?
A3.
打撃・プレボーリング・中掘り・回転・圧入等の工法で使用できます。
F.T.Pile構法は打撃・プレボーリング・中掘り・回転・圧入等の工法で使用できます。
質問一覧へ戻る
Q4.
F.T.Pile構法の施工はどのように行うのですか?
A4.
本協会HPに「施工概要ビデオ」があり、一連の施工について詳しく説明しております。

施工概要ビデオ
質問一覧へ戻る
Q5.
F.T.Pile構法の施工には特別な資格(免許)が必要ですか?
A5.
特に必要となる資格(免許)はありませんが、「F.T.Pile構法既製杭協会」会員社の管理下で施工されます。現場毎にF.T.Pile構法既製杭協会の会員会社が施工初回に立会い、構法説明会を実施しますので、必ず参加し施工にあたって下さい。
F.T.Pile構法既製杭協会 会員(順不同)
【正会員】
・ 日本ヒューム株式会社
・ 日本コンクリート工業株式会社
・ 前田製管株式会社
・ 旭化成建材株式会社
・ 株式会社 トーヨーアサノ
・ 日本高圧コンクリート株式会社
・ 三谷セキサン株式会社
・ ジャパンパイル株式会社
・ 藤村ヒューム管株式会社
・ 児玉コンクリート工業株式会社
・ マナック株式会社
・ 株式会社ナルックス
・ 會澤高圧コンクリート株式会社
・ 宇部コンクリート工業株式会社
・ 東北ポール株式会社
・ ホクコンマテリアル株式会社
・ 山崎パイル株式会社
・ 北海道コンクリート工業株式会社
・ NC貝原コンクリート株式会社
・ 東海コンクリート工業株式会社
・ 豊州パイル株式会社
・ 株式会社アオモリパイル
質問一覧へ戻る
Q6.
F.T.Pile構法の品質管理上の注意事項は?
A6.
概ね下記の項目に留意して施工します。
1 FTキャップと杭頭端板部に隙間が生じないよう、杭頭端板部に凹凸があればグラインダ等で処理して除去する。 FTPile
2 杭頭端板部のボルト孔にソイルセメント等が入らないよう養生する。(入った場合は除去する) FTPile
3 レベルコンクリートがFTキャップの内側に入らないよう地盤に20mm以上埋込む。 FTPile
4 レベルコンクリートの流入の有無を打音検査で行う。 FTPile
5 レベルコンクリート硬化後に仮止めボルトは全て撤去する。 FTPile
6 引抜き抵抗用鋼棒を鉛直に設置する。(引抜き対応タイプの場合) FTPile
質問一覧へ戻る
Q7.
標準タイプと引抜き対応タイプの杭径毎の施工時間は?
A7.
F.T.Pile構法は、杭頭部にFTキャップを載せるだけのシンプルな構法であるため、杭径による施工時間の差異はほとんどなく、作業に要する時間は現場内のハンドリングや、作業者の編成によります。但し、引抜き対応タイプは、杭頭端板部のボルト孔の養生や鋼棒の取付に要する時間が必要になります。
質問一覧へ戻る
Q8.
F.T.Pile構法の施工実績はどの程度ありますか?
A8.
F.T.Pile構法既製杭協会のホームページで施工実績表を公開しております。なお、施工実績表は毎月更新しております。

施工実績表

次のページへ [ 設計に関する質問 ]


FTPile